研修制度

全労済システムズの教育研修は、会社の社会的使命を自覚し、社員が相互に協力する精神を培い、全労済の情報システム業務遂行に必要な専門性の高い職業能力の開発・向上をはかり、優秀な人材育成を目的として実施しています。

新入社員研修
全労済システムズで働くために必要な、以下の基本的知識・技能を修得します。
・全労済グループの一員としての基礎知識(全労済の理念と信条、事業と運動の歴史、
 協同組合組織の責任と役割、共済制度関連知識、基幹業務の基礎)
・ビジネスマナー等社会人に必要な基本行動
・SQL、ロジックなど、情報処理技術者としてのIT基礎知識
階層別研修
社員を階層別に分類し、それぞれの階層に必要な知識・技能を修得します(アサーティブコミニュケーション力、リーダーシップ能力等)。
役職別研修
本部長・副本部長、部長・次長、課長、係長等の役職別に分類し、それぞれの役職に必要な専門的知識・技能を修得します(新任課長研修、評価者研修等)。
職能別研修
社員を部門別または職能別に分類し、それぞれ必要とされる専門的知識・技能を修得します (データベース入門、Javaプログラミング、システム開発の為のテスト技法等)。
自己啓発支援・その他
社員が自発的に自己の職業能力の開発、向上をはかるため、次のような支援をおこなっています。
・通信教育や研修講座の受講料の援助
・教材、図書などの紹介、購入費用の援助
・自己啓発のための勤務時間の配慮など