事業内容

全労済システムズは、全労済からの100%出資を受け、全労済の情報システムに関する「システムの開発」、「システムの保守」、「システムの運用管理」をおこなっています。 全労済の情報システムを担う技術者集団として、日々生産性や品質向上に努めています。

システムの開発
全労済が要望する業務要件等にもとづき、以下の業務をおこないます。開発するシステムには、メインフレーム(大型汎用機)とオープン系(クライアントサーバ)があります。

●システム化のための要件定義
●システムの外部・内部設計
●開発(プログラミング)とテスト
●システム稼働のための運用引継ぎ(資源納品、運用要件提示等)



システムの保守
全労済の情報システムに対して、以下の業務をおこないます。

●アプリケーション障害対応、問い合わせ対応
●要件追加・変更等にともなう開発作業量や概算費用の見積もり(開発に向けた前段作業)
●システムの標準機能にはないシステム利用者からの要求に対する特別処理対応
  (一時的なシステム処理の実施と結果の提供)



システムの運用管理
全労済の情報システムが円滑かつ持続的に稼働するように、主に以下の業務をおこないます。

●ネットワークやメインフレーム・サーバ等の構成等の設計、導入
●上記運用時の動作状況・性能・キャパシティ等の監視、障害対応
●ハードウェアの更改、ソフトウェアのバージョンアップ等の維持管理
●セキュリティ対策の検討と適用
●パソコンやタブレット端末へのソフトウェア配信を含め、その資源管理
●稼働スケジュールの調整・設定、ジョブの実行、バックアップ、帳票出力等に関わる業務